jcss校正を使うことで文章の信頼性が高まります

測定器というのは絶対的な正確性が求められるものですが、どんなに正確に測定できる測定器であっても誤差は付きものです。そのため、正確に測定するためには定期的に測定器の誤差を標準器によって校正する必要がありますが、従来の校正というのは校正を提供する側と校正を依頼する側の1対1の信頼関係によって校正技術が認められてきたものであったため、必ずしもその測定器の正確さが約束されているものではありませんでした。しかし、日本に品質マネジメントシステムが導入されて以降、第三者による校正証明書が必要となり、従来の校正よりも正確性の高い校正を行うことができるようになりました。このように経済産業省や製品評価技術基盤機構によって測定器のトレーサビリティを確保する制度のことをjcss校正といいます。

jcss校正の上手な活用方法とは?

品質管理において測定器の校正は不可欠です。校正方法はjcss校正のほかにもさまざまありますが、行政機関の認定が受けられる校正はjcss校正しかありません。Jcss校正は日本のみならず、国際的にも認められている校正でもあり、国際MRA 対応認定事業者や相互承認に同意した国同士であれば、校正を受けた製品を輸出する際は校正証明書をそのまま利用するのが可能であるなど、jcss校正は国際的にも適用する公式文書として使うことができます。そんなjcss校正は運送業界をはじめ、食品業界や医薬品業界など正確さが問われる幅広い分野で導入されており、業務によってはjcss校正が義務付けられているところも少なくありませんが、より大きな信頼性を勝ち取るためには活用しない理由はありません。

jcss校正を使用する際の注意点

より正確的な測定器の校正ができるjcss校正は、行政期間が唯一認定している国際的な校正方法ではありますが、国によって多少差異があることも事実です。Jcss校正の最高レベル標準の実現については、先進国であるドイツ、アメリカ、日本の順に開発に成功し、日本も世界トップレベルの一か国に入っていますが、途上国はjcss校正の認定すらいまだ十分に発達していないところも少なくありません。また、高圧ガス保安法と計量法をはじめ、現在では気象業務法や電波法、道路運送車両法など幅広い分野で導入されているjcss校正ですが、jcss校正は認定対象が校正のみであるため、測定器や標準器の適合性評価や構造検査ができないというデメリットな部分もあり、jcss校正を活用する場合にも注意は必要です。