jcss校正の効果的な活用法を説明します

校正とは、計器類の精度が標準器と比較して狂っている時に直すことを言います。測定をする時に使う機器や道具は、使用している間に劣化したり摩耗したりすることで変化していきます。測定の結果にも影響が出てしまうと意味がないため、正しい値を出すためにはその測定値が正しいことを認識しておく必要があります。そのために校正が必要なのです。校正を行う時は、jcssを利用した校正でないと意味がありません。jcss校正は校正事業者登録制度と計量標準供給制度から成っている計量器のトレーサビリティ制度で、国家標準器まで追求することによって、測定結果が世界基準に適合していることを示すことが可能です。相互承認をしている国であればどこでも受け入れることが可能で、輸出入を行う際には欠かすことができません。

jcss校正で国家標準器に追跡が可能

標準器と比較することによって正しいことを認識し、もしも狂っている場合には修正を行うことを校正と言います。比較される標準器が何故正しいと証明できるのでしょうか。例えば時計の場合、社内で最も正しい時を刻む時計にみんなが時刻を合わせるとします。これが校正というものです。その時刻に合わせて始業時間や就業時間を決めれば、社内全員が正しい時刻通りに動けます。しかし、社内基準の時計が狂っていると、社外では通用しなくなってしまいます。世界で通用するために、限られた範囲でなく、国際的に正しいと判断された標準に沿っていることが必要不可欠となります。jcss校正は計量法で定めた国家標準器までさかのぼって追跡することができるようになっています。さらに、国家標準器は国際標準器と比べて校正が行われています。

jcss校正を行える事業者による校正が必要

国家標準器に追跡できることだけで測定器が国際的に正しいと判断される訳ではありません。理由として、校正の方法が正しいと判断できるわけではないからです。校正を行うためには正しい方法を知っていること、また正しい方法で行う技能を持ち合わせていることが必要です。もしも、国家標準器との比較方法が間違った方法で行われていたとすれば、トレーサビリティが取れたとしても信ぴょう性が無いことになります。そのため、校正事業者登録制度が重要なのです。計量法関連法規と国際規格のISO17025への適合を審査され、認定を受けたjcss校正事業者だけが校正を行うことができるのです。確実な技能を持った事業者が国家標準器と比較することによって、確実に校正を行うことが可能となります。jcss事業者は標章の入った校正証明書を発行可能です。