jcss校正と一般的な校正の違いを説明します

従来の雑誌や新聞、小説などの文庫本や新書などありとあらゆる場所で行われる校正と言うのは、誰でもが知っているIECやJISという規格で第三者が評価をしていた、また認めていたという訳ではありません。校正を依頼している側と提供している側の、言わば信頼関係によって校正の能力が認められてきたのです。しかし日本国内にISO.9001という品質マネジメントシステムが導入されてからは、ISOの認証機関など第三者が校正結果を認め信頼しなければならなくなりました。jcss校正は計量法によりトレーサビリティの源となる、国家計量基準を定めています。また、ISO/IEC.17025というのを認定基準と定め、校正を提供する側の能力や技術をNITE認定センターが国に代わり審査して登録しています。

jcss校正は海外でも活用できるものもある

NITE認定センターが、第三者として校正の能力や技術を認める事によって、jcssの校正結果が証明書として信頼されているのです。このように校正の能力や技術を第三者が認めている事が形に表れているのが、jcss校正でありそうではなく自らで証明しなくてはならないものが、一般校正とも呼ばれる従来の校正です。jcssではその他に、国際認定スキームというものによって認定されている「国際MRA対応認定事業者」が発行している証明書は、海外でも活用する事が出来ます。その為、日本国内で校正の仕事を学びいずれ海外で活躍したい方には、この証明書がある事は大変優位になると言えます。jcss校正サービスを受ける為には、独立行政法人製品評価技術基盤機構のホームページにある「jcss登録.認定事業者検索」から得る事ができます。

jcss校正には様々なメリットがあります

その他jcss校正には様々なメリットがあります。例えば国家計量基準とトレーサブルな流量値を測定できる事です。jcss校正をする事によって、その流量計が測定をした流量を第三者へ示しても信頼されるものとなります。他にも国家計量基準と計量計測トレーサビリティの証明も容易に行えるようになります。各種監査においての「流量計が国家計量基準と計量計測トレーサビリティを取っているか」との質問にも、jcss標章付校正証明書を見せる事で、計量計測トレーサビリティの証明ができるのです。それ以外にも品質管理に有効であったり、社内の計量基準として使用する場合にも便利であったりと、メリットは様々あります。そういった点からも一般校正とjcss校正が違うという事、jcss校正の有用性が理解できるはずです。